1929年に初めて西湖博覧会が行われ、世界に大きな影響を与えた。71年後の2000年に改めて杭州市人民政府により行われ、それを杭州の代表的イベントとして毎年行われるようになった。西湖博覧会によって商品の流通、商品の物流、技術の流通、人材の流通、そして情報の流通が一体化され、各種の展覧や会議、それから祝祭行事などのイベントの主催を通して杭州および浙江省の新しいイメージの樹立と宣伝に今までにない成功を収めた。西湖博覧会はもうすでに杭州市の精神的文明と物質的文明の重要な土台になっている。