エコの西渓 
2012年1月9日から西渓湿地公園は国家5A級の観光地にレベルアップした。西渓国家湿地公園は杭州市内の西部に位置し、西湖までわずか5キロで、都市湿地、農耕湿地、文化湿地を一体とした中国初の国家湿地公園である。映画「狙った恋の落とし方」のロケ地として、ボート遊覧、釣り等の漁民の旅や、春にハイキング、夏に菱の実摘み、秋に芦の鑑賞、冬に梅の花見等、西渓の自然、生態及び純朴な文化を体験していただける。 
 
西渓十景 
曲水尋梅、龍舟勝会、漁村煙雨、秋芦飛雪、蓮灘鷺影、蒹葭泛月、河渚聴曲、高荘宸跡、火柿映波、洪園余韻 
西渓天堂 
西渓湿地の東南の隅にあり、中国初の世界級国際観光総合体プロジェクトである。西渓湿地乃至杭州の観光附属施設として、中国湿地博物館、国際ホテルクラスタ、国際グラブ、名品商店街、観光公共サービス施設、悦居、悦荘等の多様な業種のも及んでいる。建築設計自体も自然から都市への過渡を表現し、21世紀の新西渓の時代特徴を定義している。 
中国湿地博物館 
中国湿地博物館は中国初の、都市湿地、農耕湿地、文化湿地を一体とした国家湿地公園で、国家4A級の観光地である。博物館の建築面積は2万平米で、収蔵、研究、教育、娯楽の機能を揃えた専門の博物館でもある。 
洪園余韻 
洪氏家族は、宋、明、清代の「銭塘名門」で、明尚書の洪鐘は晩年に西渓五常に隠居し、休憩と詩を詠う場所として、洪園を造った。洪鐘は祖先の遺産を受けて、財産を重ねた。蔵書楼を造って、生徒を教えたり、暇な時に村の年配者と天気や農家の話をしたりして、晩年生活を楽しんでいた。修復した洪園は当時の構造を再建して、都会から離れる静かな隠居文化を現している。 
蒋村集市慢生活(スローライフ)街区 
蒋村集市スローライフ街区は西渓国家湿地公園の北入り口の近所にあり、北は文二西路に近く、南は河渚街に望む全国初に生態保護と自然を楽しむ理念で、「非典型的な商人」と「スローライフ達人」たちが造ったスローライフのエリアである。ここは木が茂て、渓流が流れて、景色が色々と変わるところで、福里壹玖(free19)、サロンバー、圏子バー、皇室茗茶、怠け者コーヒー、愛人旅館、四姉妹バー、シチリアバー、渓園壹号、渓境-JIA西渓原生態湿地グラブ、汝拉小鎮、ラディソン西渓山荘等のレジャー娯楽の場所がある。 


       
●宿泊施設(杭州西溪度假酒店)